[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

シカゴコーン急騰

先週金曜日シカゴコーン価格が急騰した。前日比16.75セント高、始値と終値の差は17.25セントでそれぞれ今年3番目、今年1番の上昇だった。また出来高も520088枚と1日の出来高としては記録的な多さだった。月曜日が休みなので連休前の売りポジションの手じまい買い戻しも入っているが、主な原因は、インフォーマ・エコノミクスによる来週のUSDAの発表に対する予測が減少したからである。コーンは、農務省の8月の予測が133億6500万ブッシェルに対して、USDAは9月10日の発表では、133億3490ブッシェルに1600万ブッシェル下方修正すると予想し、単収も、USDAは165ブッシェル/エーカーとしていたのに対し158.5ブッシェルと減少見込みを予想している。また、大豆については8月のUSDAが単収44ブッシェル/エーカーに対し、INFORMAは44.1ブッシェルに上がるとし、生産高は34億3300万ブッシェルのUSDAの予想に対し、34億3700万ブッシェルと400万ブッシェル増加すると見込んでいる。

上海JCIntelligneceが金曜日公表したところでは、中国の今年のコーンの生産高は2260万トン、増加して1億5870万トンになるという。7月には同社は1億4900万トンと述べていたので、970万トン増えたことになる。ただし、早霜が降りないことが前提で早霜が降りると約1割減収となるという。しかし、中国政府発表は1億6800万トンであるので、それよりは少ないという。また、昨年コーンの出来が悪かったので、今年は米国からの輸入量が増加しているが、この分では来年も政府在庫を補充するために500万トン程輸入が必要になるだろうという。

農産物は、ハーベストプレッシャーの時期であり、概して価格は弱含みになる季節であるが、多くの小麦は8月に価格が上昇した時に売却されており、品薄となっている。そのため、小麦価格が再び上昇し、それにつられてコーンや大豆も上がったようである。

コーンも大豆も、来週9月10日のUSDAの発表を待つ格好であるが、チャート的にはコーンは上昇トレンドを形成している。ただ、作柄や作況は良好であり、上げ過ぎの感は否めない。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2010年9月6日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。