[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

今週の米国は2日の中間選挙と3日のFOMC

今週は日本では水曜日が休日であるが、米国では二つのイベントの結果が待たれる。と言っても、中間選挙では共和党の圧勝、FOMCではQE2が決められることは既定の事実であり、これを疑う人はいないだろう。そしてその通りになったら、これまでの逆の動きとなる。つまり、米国のダウ平均株価はこの2カ月で11%上昇し、上海B株は13%、ロシアや香港株も12%上昇、インドが11%、韓国ブラジルが8%上昇している。また、ユーロドルは10%上昇し、商品では、コーンの37%を筆頭に大豆22%、コーヒー15%、原油13%、プラチナ12%、小麦が10%、金は9%値上がっている。要するにこれらの動きは上記の発表がある日本の休日明けには、逆の動きになるのではないだろうか。いわゆる修正安あるいは、反動安である。ただ、上院における共和党の圧勝は、ブッシュ減税が更に1〜2年延長されるだろうと期待される。また、オバマ大統領は2012年の大統領選挙に向けて任期3年目に入るが、過去70年間大統領の任期3年目は例外なく株価は上昇している。したがって、来年の株価は上昇するだろうという意味合いからドル高になる可能性がある。ドル高ならば金安であろう。先週金曜日発表されたCFTCのファンドの建て玉報告では、金は前週比16447枚買いが減少したが、未だ259469枚の残高(オプションも含む)がある。調整安は未だあるかもしれない。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2010年11月1日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。