[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金は未だ上がる

金に対するファンドのネット買い残が再び25万枚を超えてきた。10月5日に28万380枚まで増加したネット買い残は、その後4週減少し、1週増加した後2週減少していた。しかし、11月末から2週連続で増加している。

欧州危機に加えて中国のエンジンノッキングを起こしつつある。11月の消費者物価指数が5.1%、生産者物価指数が6.1%の上昇を見て、中国政府は金融引き締めを行い先週金曜日今年第6回目の預金準備率の引き上げを行った。

投資家は、米国の景気回復を期待してNY株価を上げてきたが、失業率が上昇しサプライズとなった。この背景には集計の方法の違いがあったようである。そのため、いずれ下方修正されるだろう。11月の自動車販売が16%伸び、12月のミシガン大学の消費者信頼感指数は74.2と前月の71.6から上昇し、6月以来の高水準となった。景気後退入り直後の2008年1月からは3番目に高い水準となる。景気現況指数は85.7と、全月の82.1から上昇し、2008年1月以来の水準となった。こうして景気回復期待は大きいが、長期金利が上昇しており、3.5%に近付いている。そのため、住宅ローン金利が4.61%まで上昇し、金利の上昇は企業業績を圧迫する要因となる。更に、共和党の攻勢に押されてオバマ大統領はブッシュ減税の延長に同意した。財源なき減税継続に対し、債券市場や格付け会社は警戒感を強めている。欧州も、中国も、米国にも投資できないとすると、運用資金は取りあえず金に向かう。当分金価格は上昇傾向になるだろう。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2010年12月13日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。