[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

今年の金価格はわかりにくい

2011年の金価格は下落から始まっている。これはファンドが手じまいしているためであろう。米大統領選挙のある年の前年のダウ平均株価を1972年までさかのぼって調べてみたら、過去40年間で10回の米大統領選挙の年の前年は2008年のサブプライムローン問題から引き続いたリーマンショックの時だけを例外として、10回中9回は株価は16%〜56%上昇していた。大統領候補は、選挙を前に何が何でも景気を浮揚させるよう努力するのであろうし、それを知っている株式投資家はわれもわれもと買い上げるのであろう。NYダウ平均株価は12月から急上昇している。米国の景気が決してよくなったわけではなく、2008年1月から2009年10月までの間に失われた職は830万人分、2010年に職を得た人は110万人、未だ730万人が職を得られずにいる。1月7日失業率が9.8%から9.4%に下がったのは、失業者が減ったのではなく、職を探すのをあきらめた人が増えたからだという。12月の雇用者数は10万3000人。このままでは雇用を取り戻すために70カ月かかる。イエレンFRB副議長は、批判の多いQE2(金融緩和第二弾)を擁護するために、6000億ドルの国債購入は民間セクターの雇用を70万人増やすと講演し、批判をかわしている。米国の第34半期の企業収益は年換算で1兆6,590億ドルとなり、過去最高を記録した。これだけ稼いでいても米国の雇用が改善しないのは、海外での収益が多く、また得た収益を内部留保する企業が多く先行投資に回さないからだという。なかなか雇用情勢の改善には至らないが、今年は米国の株価は徐々に上がるような気がする。ならば金安か?

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年1月18日(火)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。