[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

リビアやイランの動向

今、金や原油価格に最も影響を与えるニュースはリビアやイラン等中東産油国の動向であろう。20日、反政府デモが拡大しているリビアで最高指導者カダフィ大佐の次男セイフ・アルイスラム・カダフィ氏がテレビ演説を行い、改革を進めると明言する一方で、デモには徹底して対抗する姿勢を打ち出した。体制側が一連のデモについて触れたのは初めてである。セイフ・アルイスラム氏は反体制派による抗議活動でリビアが内戦に陥り、国が分裂する恐れがあると警告。警察や軍の対応に誤りがあったと認める一方、死者が何百人も出たという報道は誇張だと述べた。

米人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、反政府デモによる死者は過去4日間で少なくとも233人に上っており、治安部隊との衝突が最も激しい第二の都市ベンガジは20日だけで少なくとも60人以上が死亡しているという。ロイター電によると、ベンガジでは、リビア国軍の部隊メンバーは治安部隊から離脱し、反体制側に回ったという。一部にはカダフィ大佐がベネズエラに亡命したとの噂も流れた。強圧政治で支配していた政権はこうした市民の暴動に対して、対処する支配力を無くしているのかもしれない。

リビアは石油確認埋蔵量では世界第10位、生産では世界第18位、OPECの石油レポート2月号では、1月の原油生産量は、日量157万4千バレルで、 OPEC12カ国中7番目に多い原油を生産している。一方イランの1月の原油生産量は、365万8千バレルでサウジアラビアに次いで二番目に多い原油生産国である。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年2月21日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。