[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

震災と商品価格

日本の商品価格は小豆と灯油の例外を除いて軒並み下落した。地震が起きただけならまだしも、東京電力の停電と原子力発電所の予期せぬ事故は日本の工業力に対する不安をもたらした。停電などは過去にはないと思っていたら、2006年や1987年に首都圏で起きていた。しかし記憶にないほどの出来事であり、今回のような大規模なものは初めてなような気がする。いかに日本のインフラに老朽化が来ていたかがいまさらのように思い起こされる。海外からは日本の復興を期待してエールが送られているが、壮年期を過ぎた日本の回復には時間がかかるかもしれない。原子力発電に対しても世界的に見直され始めている。炉心溶融等の大事故が起きた場合は、たとえ万一の場合であっても、戦争以上の被害が恒久的に及ぼされる点で、他のインフラとは違った脅威がある。これに対して、絶対大丈夫という保証を行い説明が繰り返されてきたが、たった一度の地震による津波でその信用が崩れれば、人々は疑心暗鬼にならざるを得ない。今回の停電と原子力発電における二つの日本のつまずきは、日本の景気悪化の予兆を惹起させ、商品需要の減少をイメージさせる。一方で金価格はそれほど反応していない。本来は、地震等の天変地異に対しては、金価格は上がるはずである。しかし、ことが日本でおきたために日本人は「地震」=「円安」=「資産を金に移そう」という反射神経をもち合わせていない。せいぜい株価の下落を嘆く程度であり、まさかの事態に対する反応が鈍いので、金価格はそれほど上がっていない。本来のセオリーから言えば、企業が利用する素材原料の商品は下落、食料価格は上昇、円安、金高になるはずであるが理論通りにはならない。食料価格上昇は、スーパーやコンビニの商品棚が空になっていることでわかるように、震災特需である。ただ、この場合は仮需なので、その分将来の売り上げが落ちるという反動付きである。もう一つ、震災と商品価格に関するセオリーは、原子力発電装置の故障→発電能力減少→火力発電設備稼働率アップ→重油需要増加→重油生産増加→ガソリンや灯油もいっしょになって生産されてしまう→ガソリンや灯油の余剰在庫増加→ガソリン、灯油価格下落につながる。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年3月15日(火)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。