[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ギリシャその後

ギリシャの問題は、未だ終わっていない。第一次融資の1100億ユーロは5回の分割融資が3カ月おきに行われ、先週120億ユーロが欧州財務相理事会で承認され一息ついたが、これだけでは足りないため第二次融資1200億ユーロの話合いが11日欧州で行われている。問題は民間の負担を条件にするかどうかである。様々な案が出されフランスの金融機関は30年債と交換するというもの、既存投資の3割は確保され、残り7割はAAA保証スキームで30年掛けて返済されることになる。一方ギリシャは、経済成長ができた場合は2.5%の追加配当を払うというもの。債務の返済ですら危ういのに、追加配当ができる程経済が回復するとはだれも思っていないので絵に描いた餅であろう。しかし、仮にそれが自発的に行われた債権繰り延べであっても、金融機関が大きな損失を出すならデフォルトと見なすとS&Pは警告している。また、民間負担により一部の債務が繰り延べされても、第一次融資と第二次融資の巨額の借金をギリシャが返せなくなる可能性は十分ある。 ギリシャ国債を保有するポルトガルの銀行があるということで、ポルトガルの格付けもムーディーズにより4段階引き下げられた。不良債権発生の恐れは信用不安を増幅する。欧州危機はギリシャ国債ばかりでなく、ポルトガル、スペイン、アイルランド、イタリアと次が控えている。ギリシャに民間が協力するなら、他の国の返済も民間負担が条件となるかもしれない。ギリシャ国民でなくとも、自国の銀行預金をおろしてスイスや米国の銀行に預け直す動きは起きるだろう。その引き出された資金の一部は金に回ることは十分考えられる。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年7月12日(火)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。