[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

五里霧中

世界中の株価が下落している。 NYダウ、英国、ドイツ、フランス、中国、ブラジル、香港、ジャカルタ、シンガポール、ロシア、インド、台湾、韓国、ベトナム、タイ、マレーシア、それに日本、ほとんど例外は無い。 以前だと新興諸国株に逃避する策もあったが、これでは四面楚歌である。それらの株式市場から引き上げられた資金が、浮いている。商品価格も原油や穀物も株価と並んで下落している。 米国債は格下げされたにもかかわらず金利が上昇しておらず、どちらかと言えば金利が下がっている。つまり売れている。信用不安の元凶が特に動揺していない。 そんな中で金価格のみ上がらずとも下がらずである。しかし、ファンドの建て玉は、8月2日までには金のネット買い残は増加している。 ということは未だファンドが手じまっていないということだ。手じまっても他に行き場が無いので、そのまま置いてあるのであろう。 つまり、金価格はいつ手仕舞い売りの急落を迎えてもおかしくない状況である。

スイスフランのネット買い残は思った程増えていなかった。円は増加している。安全資産は今や震災と放射能で傷だらけの日本なのであろう。 生半可な介入程度ではまた元に戻る可能性が高い。どこかで反転するまでは、この傾向はしばらく続くだろう。 明日開催される米国公開市場委員会(FOMC)ではとても抜本的な景気浮揚策は出そうにない。今さらQE3をやったところでインフレに拍車を掛けるだけだ。 格付けが下がった米国債を売れば損をする。長期保有するとしか言えないだろう。新たに買い取るとは言えないだろう。金利を据え置くとは既に言ってしまった。 繰り返し言うと効果が薄れる。さてバーナンキ議長はどんな隠し玉を出してくるのか?

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年8月9日(火)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。