[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

欧州からアジアへ

イタリアの財政危機はそれほど大きな問題ではないと思う。 イタリアのプライマリーバランスは黒字であり、金利が7.48%まで上昇したとはいえ先週末の国債入札は問題なく行われた。 イタリア国債を最も多く保有しているのはフランスであり、S&Pがフランス国債格下げをサイトに載せてそれが間違いだったと訂正している。 ただ、欧州の救済資金であるEFSF(欧州金融安定化基金)に資金が集まるかどうかは問題だろう。 中国とインドは、欧州からの要請にもG20の席上で、何らのコメントをしなかった。 また、イタリアは来年3000億ユーロの借り換えが必要であり、その調達が円滑に行われるかは微妙である。 イタリアの混迷はフランス不安まで伝染しかねない。 そうした不安点はあるが、ギリシャのデフォルトを巡る混乱によって、独仏首脳による欧州金融機関の再建案は出ているので、金価格が高騰するほどの大問題とはならないだろう。

HSBCのCEOであるGulliver氏は、アジア地域が2008年同様欧州銀行の貸し出し引き上げによって信用収縮の波に襲われる可能性があると指摘した。 海外銀行によるアジア地域への貸し出し残高は2兆5200億ドル、その21%を欧州金融機関が占めている。 インドネシアの調達資金の海外依存度は75%に達し、韓国や豪州でも50%前後だという。 欧州銀行のクレジットクランチの飛び火はアジア企業に資金ショートの嵐を呼び起こすだろう。

こうした情勢は、金融緩和を惹起する可能性が高い。 既に多くの国では金融緩和を実施しているが、更なる緩和措置が取られると思われる。 それは商品価格値上がりを招くだろう。12月13日のFOMCでQE3が発令されるかが注目される。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2011年11月15日(火)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。