[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

世界は中央銀行頼みとなっている。

景気の先行きが不透明な中、世界は主要中央銀行が更なる金融緩和をしてくれることを期待している。24〜25日に開催されるFOMCではQE3が俎上に上るのではないかといわれており、少なくともツイストオペ(FRBがポートフォリオに保有する4000億ドル(約32兆6500億円)相当の短期債を長めの国債と入れ替えるプログラム)が終了する6月末までにはQE3が行われると期待する向きが多い。

本来景気回復は、そうした金融緩和によってもたらされるものではない。Moody'sによれば、米国の企業は1兆2400億ドルもの資金を抱え込んでいるという。企業が資金を寝かしたままで、自社株買いなどに使う他は、本格的な設備投資に資金を回していない現状では、いくら資金を放出してもそれが経済活動を活発にすることにはならない。

しかし、財政投資が各国の財政事情から出動できない情勢では、ほかに打つ手がないのも事実であろう。新しい産業が勃興して、新たなニーズが出て、そうした消費に対して企業が知恵を絞って製品開発するという循環が景気を回復する。

多くの持たざる人々が、物を欲しがるという状況において生産と消費が拡大する素地が生まれる。そうした環境を持つのが新興諸国であるが、中国では独裁国家の弱点である人々の反乱を恐れ、景気を少々抑制してでも消費者物価の跳ね上がりを警戒している。

一方ブラジルでは、先進国が大量に紙幣を印刷するあおりを受けてレアル高に苦しみ、ルセフ大統領は通貨戦争だと苛立ちをあらわにしている。

金融緩和の資金は、産業資金に回らず、新興国通貨や商品や株式投資マネーとなっている。それでも多くの人々はFRBや日銀、ECBに更なる通貨発行を期待している。

もし将来実態経済が回復軌道に乗れば、商品価格は、急激に上昇する素地がある。ここ数年間でばらまかれた通貨は大量であり、さらにそれを増加させようとしているからだ。今のうちに商品を仕込んでおくのは、来るべき将来へのヘッジとなるに違いない。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2012年4月23日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。