[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ユーロ危機緩和模様

先週ECB(欧州中央銀行)理事会でドラギ総裁は特に具体的な対策を明言せず、スペイン国債を 買い入れるのはEFMCやECBが行うべきだとの発言し、また、バイトマン独連銀総裁が追加債券 買い入れプログラムを支持していないと言明した。前週にドラギ総裁はユーロのためには何でもすると 今回の理事会で何らかの対策、特に国債の買い入れが打ち出されると期待していた市場は、 期待はずれに終わったとして失望売りが出ていた。

しかし、事態はそれほど単純ではなかった。、週末の欧州市場は、ドラギECB総裁発言を見直す動きが 急速に高まっている。それは、ドラギ総裁は、スペインが財政主権をユーロに譲り渡すことを条件に スペイン国債購入もあり得るという言外のニュアンスを残していたのだ。ECB理事会開催前に イタリアのモンティ・イタリア首相が、スペイン・ラホイ首相を説得工作を行っていた。 そのスペインラホイ首相は、欧州財務相会議の早期開催を3日呼びかけている。

週末3日のブルムバーグの報道では「ドイツ連立与党の複数のメンバーから、欧州中央銀行(ECB) のドラギ総裁が計画するソブリン債購入を阻止しない姿勢が示唆された」と報道されたり、 また、同日の同じくブルムバーグの報道によると「オーストリアのファイマン首相は、 ユーロ圏の恒久的救済基金である欧州安定化メカニズム(ESM)への銀行免許付与について、 ドイツのメルケル首相が考えを変えることになるとの見通しを示した」との報道もあるなど、急速に欧州 危機の警戒モードが後退することとなったのである。

つまり、欧州首脳は、財政統合から政治統合に向かう姿勢を確かめあっているようである。つまり、 ユーロは崩壊の道ではなく、統合に向けて少しずつ前進を始めたようだ。いずれ、市場はこの動きを 歓迎してポジティブに動くだろう。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2012年8月6日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。