[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

下落している金価格上昇の可能性あり

 NY金価格は、先週金曜日40ドルの下落を見た。そのため、東京金価格10月限は71円安の4352円となった。ファンドのネット買い残との相関係数は0.97と高く、先週10月30日までに3週連続で買い残が5万枚減少し、19万3千枚となっている。しかし、11月末のファンドの決算期までは更に売りが増えるかもしれない。その意味ではもうしばらく安値が続くかもしれないが、1つの上昇要因がある。

 それはギリシャ危機の再燃である。アテネの株価総合指数は、1日10月下旬の高値から16%近くの値下がりとなっている。11月半ばにギリシャの国庫は空になるのに、未だ資金支援が決まっていないからだ。先週のEU財務相による電話会議では結局来週月曜日の12日の財務相会議で結論を出すことだけが決まって、先送りされた。

 新たな必要資金は300億ユーロ、財政再建の目標期限を2年延長するに当たり必要とされる資金である。これには3つの選択肢がある。1つは、ギリシャが短期国債を増発すること。2つ目はギリシャの公的債務を整理すること。これは債権国やECBの問題である。3つ目はIMF等の融資の返済繰延であり、IMFの問題である。

 ここにきて、ギリシャ政府が4年物の短期国債90億ユーロを発行するという案が検討されていると報道され、上記第二案と第三案がうまく進んでいないということを暗示している。結局ギリシャの債務がカットされる話は、うまくいかず、先送りされるだけのことのようである。更にECBがこのギリシャの新発債を引き受けるかどうかも定かではない。

 どうみてもギリシャは破綻、つまりデフォルトに向かって進行しているようであり、フィンランドやオランダがこれ以上の貸付に対して否定的であることも危機は近いと言わざるを得ない。ギリシャには賃金、年金の引き下げが要求されているが、ギリシャ国民はこれに対してゼネストで対抗しそうである。もう後が無いギリシャは、破局に向かって進行を早めていると思われる。

 来週12日の欧州財務相会議等で今後の見通しが立つと思われるが、再び欧州に金融不安、財政不安の煙が立ち上り、金価格が反発上昇スル可能性もあり得ると思われる。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2012年11月5日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。