[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ゴールドフェスティバル

 ゴールドフェスティバルに出席して豊島・亀井・池水三氏の討論会を聞いた。豊島氏は2013年金価格が上がって、2014年には下がると述べていた。金価格は高くなり過ぎているという。亀井氏は金価格の水準が以前とは変わっており、下がっても1500ドル以下にはならないという。上値については、豊島氏は過去のチャートから1980年1月21日ソ連によるアフガニスタン侵攻により、金価格は895ドルを付けたがこの高値を現在価値に直すと2200ドルとなる。それが上限だろうという。直近の話では金のテールリスク(標準偏差のグラフの両端にある確率3%以下でしか起こらないと言われるテールリスクが生じる恐れ)のヘッジとしての金買いがある。今あるテールリスクはギリシャ等欧州債務危機であり、米国の財政の崖問題である。亀井氏は米国では債務上限問題があり、これが共和党と民主党の調整がつかないと、米国債の格下げが起こり、金価格が上がる可能性があるという。池水氏は米国商品先物取引委員会(CFTC)が毎週金曜日に公表するファンドの建玉が金量にして1000トンを超えると金価格は頭打ちとなる。400トン〜500トンが下限となるという。亀井氏は、米国のサブプライム問題・リーマンショックがあり、その後欧州でギリシャやスペイン、イタリアの債務問題があった。これらが解決すると次は日本の債務問題が発生するという。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2012年12月03日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。