[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ドル建金価格は反発上昇するときが近づいている

 NY金に対するNYファンドの建玉は9月5日までの週で▲9万5012枚と2007年8月以来およそ4年半ぶりの少ないネット買い残となった。しかし、未だファンドの空売り残は8万76736枚と2週前の9万948枚からほとんど減っていない。つまり、ファンドは金価格が更に下がると予想して空売りしている状態が2月初めから続いているということである。1月22日には売り残は3万6537枚であったので、1月22日から2月19日までの間で空売りを6万枚ほど行なっている。1月23日から2月19日までのNY金価格は平均1659ドルである。先週金曜日のNY金価格は1576.9ドルであるから、85.1ドル/オンス値下がりしている。約4.96%である。また金の証拠金はブローカーによって異なるが約6000ドル/枚/100オンスである。

 100オンス当たり85.1ドルの利益は8510ドル/枚の利益であるので、日本円で言えば、約60万円の証拠金を出して、85万円の利益が出て145万円になっている状況である。このところ金価格は2月21日の1554.3ドルを底に横ばいとなっているため、これ以上下がらないだろうとして買い閉じる時期が近づいていると言える。折から円安でもあり、3月の期末には海外子会社から日本企業が資金を送金させる時期であり、ドル買いが多くなる。ドル円が100円を超える円安になるようであれば、円建ての東京金価格は二度おいしいことになる。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2013年03月11日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。