[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

強いアメリカと弱い金

 金価格の上昇要因として残っていた米国債務上限問題は、5月19日の期限切れを迎えても何ら問題は生じなかった。

 米国では税収が増加し、債務上限に達するのは約半年は延びたという。ルー米財務長官は17日、政府の借入能力維持に向け2600億ドル程度を確保するべく、一連の措置を講じる用意があるとの見解を示した。長官は議会指導部宛て書簡のなかで「2011年に起きた瀬戸際政策の二の舞を避けるためにも、議会はできるだけ速やかに(債務上限引き上げを)行うことでデフォルト(債務不履行)の脅威を除去すべきである」と述べた。

 財務省は今週、対応策の第一弾として州・地方政府向け証券(SLGS)の売却を停止。その他の措置とあわせ、9月2日のレーバーデーまでは連邦政府の債務不履行を回避できるとした。米国では企業が採用を増やし、住宅価格や株式市場は上昇、エネルギー生産が拡大している。財政赤字が急に縮小すれば、こうした状況がさらに進み、米資産価格を一段と押し上げる可能性がある。

 議会予算局(CBO)は14日、今2013回計年度(2012年10月─13年9月)の財政赤字予測を6420億ドルと、2月時点の予測から2030億ドルも下方修正した。2015年度には3780億ドル、国内総生産(GDP)比2.1%間で縮小すると予想。半年前には考えられなかったような、大幅な赤字縮小予想だ。

 今週発表されたロイターのエコノミスト調査によると、今年の米成長率は約2%、来年は3%近くに加速すると予想されている。住宅市場がここ1年着実な回復をみせ、2009年に10%を記録した失業率は4月に7.5%と4年ぶりの水準に低下した。住宅市場の回復によって、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)や連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)は株主の政府に巨額の配当を払えるようになり、税収増加とともに財政を支援する。シェール革命による国内ガス・石油生産の急拡大も明るい材料。調査会社EPFRグローバルによると、年初から5月13日までの間、米国株に投資するファンドには704億8000万ドルが流入した。85億3000万ドルが流出していた前年同期とは様変わりした。15日、米株式指数のS&P総合500種指数とダウ工業株30種は最高値を更新、ドルは大半の通貨に対して上昇した。より良いリターンを求める動きで投機的格付けの債券(ジャンク債)が人気化し、利回りは初めて5%を下回った。強いアメリカの出現にドル高金安の動きは当分続きそうである。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2013年05月20日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。