[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金価格は底値を脱すると思う

 先週末のNY金価格は1200ドルを一時下回り、市場は弱気一色になっている。金価格は底を打つと今頃述べているのは、おそらく私独りではないかと思われる。

 金価格が上がると思う根拠は、中国等新興諸国の株価の急落である。チャートで見ると上海株価は恐ろしいほど急落している。3月の高値から約15%の下落である。多くの株式投資家がこの6月1ヶ月で一財産を失くしたであろう。景気は当分悪化する可能性が高い。株価の下落で大損した中国人は、大きな消費をしたり、不動産を買うどころではないだろう。中国の消費は落ち込むと思われる。これまであった中国における商品の作り過ぎによる在庫の積み上げは、更に積み上げられ、在庫資金が借りられないと在庫の安売り処分が横行するだろう。それは世界的に商品安を引き起こす可能性がある。非鉄金属や鉄鋼価格は中国の売りにより大きく下落するだろう。その分金価格は上がるのではないだろうか。予てからくすぶっていた中国の不動産バブルはいよいよクライマックスを迎え、中国の地方政府の財政悪化が表面化し、政府は政治的な兼ね合いもあり、大胆には救わないだろう。一時的な資金の注入程度では、とても解決しない大問題でありからだ。新政府は前政権から引き継いだ負の遺産を、改革によって解決しようとするかもしれない。それは、金融再編等となり、これまで日本、米国、欧州で行なわれてきた経済改革の中国版になるかもしれない。

 人々は、預金を引き出して金を買うだろう。金の評論家はインドや中国の買いが止まっているという表現をしているが、今後は、金をラスト・リゾートして強く意識している中国国民は、盛んに買うだろう。それは金価格を底値から引き上げるのではないだろうか。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2013年07月01日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。