[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

米国経済は強くなる

 米国の政治的混乱が世界景気を悪化させているという見方もある一方で、過去数週間にわたって繰り広げられた米国議会の混乱は、プラスになった側面もあるという人もいる。

 悪い方の予想は、米国のデフォルト懸念により、世界の米国に対するイメージに傷がつき、10〜12月期の米国内総生産(GDP)を0.5ポイント押し下げた可能性があると見られているが、その一方で、米国経済は成長を続けており、インフレは低水準で、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和の縮小は延期されたことをプラスに見る見方もある。

 バーナンキ議長時代のQE3の縮小は、ほとんどなくなり、1月28〜29日のFOMC(公開市場委員会)では、数日後に新しい総裁に代わる時期であるので、目立った動きは無いかもしれないという予想もあり、イエレン現FRB副議長が総裁になれば、同氏はもともとハト派で前回のFOMCでも縮小に反対していたため、当分縮小は俎上には上らないだろうという楽観論もある。これらは、米国株価にとってプラス材料であるため、最近株価に動きが連動している金価格にとっても上げ材料であろう。18日S&P500種株価指数が1744.50と終わり値ベースで史上最高値を更新したのもこうした背景からではなかろうか。

 最近私は、セミナーなどで今後は米国と欧州など先進国の時代が到来し、ここ5年ほど欧米に対して持っていたイメージは捨て去った方が良いと説いている。これはシェールガス・オイル革命に基づいた見方である。恐ろしいほど、米国の経済は今後好調になるという予感がする。

 そうなれば、ドル高・円安になり、日本では諸物価が高騰するだろう。インフレは生活費を押し上げるが収入は円安になってもそれほど増えないだろう。これは、商品投資が最適な背景となる。日常の商品価格が上昇することが明白ならば、人々は商品を先物で買って先物で利益を挙げることで生活苦をヘッジすべきである。株式投資はインフレに弱く、商品投資はインフレに強い。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2013年10月21日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。