[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ようやくプラチナ価格が上昇してきた

 ようやくプラチナ価格が上昇してきた。昨年秋からプラチナは高くなると言い続けてきた甲斐があった。1月20日東京プラチナ価格は4968円となっており、12月24日の4490円から478円上昇しているが、まだまだ上昇途中であろう。

 直接の原因は、1月19日に南アフリカの鉱山組合AMCU(鉱山・建設労働者組合)がまず世界第3位の鉱山会社LONMIN社において20日から48時間ストライキに入ることを通告、続いて世界第二位のIMPALA社でも、世界第一位のANGLO PLATINUM社でも同様の動きを見せているからである。

 しかし、その背景には、

  ー動車需要が世界的に増加している。ことに欧州では、財政危機から自動車の売り上げが長く減少していたが、昨年9月から乗用車新車登録台数が、前年比増加に転じており、その半分以上はディーゼル車であるので、プラチナの触媒需要が増加する見込みであること、

 ◆|羚颪任眷啜ぅス規制が強化され、自動車触媒需要が伸びる見込みで、すでに11月までに中国のプラチナ輸入量は前年比+31%増となっている。

  中国やインドでブライダル用のエンゲージリングが従来の金の指輪からプラチナに代わりつつあり、その需要は膨大で、昨年は中国が宝飾品需要だけで世界一のプラチナ需要国になっている。

 ぁゞ發寮源採未倭価しているのに対し、プラチナの生産量は漸減している。更に金の需要量は漸減しているのに対し、プラチナの需要量は毎年増加している。等の理由がある。ETFも金は減少しているが、プラチナETFの売れ行きはずっと増加し続けている。

 こうした説明の具体的なセミナーは、来る2月5日午後5時に日本商品先物取引振興協会の主催で、東京商品取引所セミナールームにて行う。詳しくはそのレジメを見ていただきたいが、いかにプラチナが生産が硬直的で、需要が増加中であるかは良くわかると思う。筆者にしてみれば、これだけプラチナ価格が上がる、上がると言ってきたが、ようやく市場が反応してくれたという気持ちである。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2014年01月20日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。