[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

NY金価格は1200ドル〜1400ドルの間で動く

 NY金価格は、1250ドルをはさんだ動きで終始している。ゴールドマンサックスやモルガンスタンレーの今年の予測は弱気である。確かに金融緩和縮小が続くとすれば、あるいは、インフレ率はそれほど高くないとすれば、また、世界的に金融機関の信用不安がそれほど起きないとすれば、金価格が積極的に上昇する要因はあまりなさそうに見える。

 しかし、中国における旧正月前後の金の需要の増加と、豪州ミント社が生産ラインを24時間3交代にしても、さばききれない金貨の需要があること、インドが4月以降、金の輸入規制措置を緩和するという動き等から、安値を続けていた金価格に実需が大量にじわじわと入ってきていることを感じる。ファンドもここ数週間買い越しとなっており、昨年11月の水準までネット買い残は増加している。

 これらから判断して、金価格は、12月31日の1184.4ドルで底打ちをして上昇トレンドの端緒に着いたと思われる。ただ、金を積極的に買い上げる材料には事欠き、昨年8月の1434ドルまで上がるとはなかなか言い切れない。中国のシャドーバンキングの問題も中国政府は威信にかけても金融機関の倒産は起こさないという強い意志が感じられ、不良債権問題は中国政府・中央銀行の資金注入により先送りされるものと予想される。したがって、当面世界的な金融不安は見当たらない。金価格は1200ドル圏は脱するとしても1400ドル辺りが頭打ちとなるものと思えば、そのレンジで下値なら買い、1400ドルに近づけば売ればよいということになる。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2014年02月03日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。