[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

ドル円は再び102円台に

 5月14日ドル円は101円87銭となり、約1か月ぶりに円高基調となっていたが、6月2日再び102円を上回ってきた。今週末には米国雇用統計の公表があるが、堅調な数字が出るとの期待感があり、月が替わってリスクオンの状態に戻っている。第一生命が米国プロテクティブライフ社を5000億円で買収し日本の生命保険会社としては過去最大の海外M&Aとなり、ドル高をあおっている。

 ドル高基調かと言えば、ユーロは1.3633ドルと、5月初めの1.387ドルからユーロ高ドル安となっており、英ポンドも1.6759ドルと5月初めの1.689ドルよりポンド高になっているため、円安ドル高の動きとは異なっている。

 昨年から安くなっていた新興国通貨は、2月に底を打ち反転上昇して少し強さを取り戻している。インドルピーやブラジルレアルも同様である。

 株価は、日経平均が昨年1月4日を100とすると、5月30日時点で162.0となっており、ダウ平均株価は134.9である。ドイツDAXは121.0、総選挙後のインドセンセックスは122.5に上昇している。マレイシアKLSEが110.9、ジャカルタ総合指数は113.1、ベトナムVNIは131.1と再び上昇し、台湾科研は116.7、豪州オールオーディナリーズは115.9である。

 ただ、中国株は、香港ハンセンが98.6、上海B株は91.3と低迷し、急落していたロシアロイターは83.4に少し回復し、ブラジルボベスパも83.6まで回復している。

 こうした中で、NY金は78.5で、NY銀の63.5よりは良いが、2割以上安くなっており、NYプラチナは94.0である。

 最も値上がりした商品は東京パラジウムの140.0であり、次いでNY天然ガスの137.5、NYコーヒーの123.5、シカゴ大豆粕の123.3、NYパラジウムの121.2、次いで東京原油の114.3、東京灯油の112.7、NY原油の111.3と続く。

 5年物米国債利回りは186.6と高くなっているが、4月よりは下落している。詳細の分析は明日6月3日火曜日の週刊経済指標をご覧いただきたい。

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2014年06月02日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。