[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

推奨銘柄は金と原油の買い

 最新の7月21日までのファンドの建て玉から、2つのことが言える。

 金と原油の『売り残』が過去最高水準にあることだ。金は過去最大の▲160,134枚、原油は3月24日の281,026枚が過去最高であったが、5月中旬には12万枚台まで減少し、再び増加し202,339枚になっている。

 これら2つの売り残の特徴は、どちらも価格との逆相関係数が▲0.80以上の高い相関関係にあることだ。グラフにして価格をひっくり返してみるとほぼ重なることがわかる。3月の時点で原油価格は3月18日の42.03ドルから5月6日の62.68ドルまで約20ドル3分の1上昇した。東京原油で言えば3月19日の41,240円から5月9日の50,910円まで9,670円、1枚当たり50倍の原油なら約48万円の収益になった。

 問題は、まだ下がるかもしれないということである。天底は取れないと思う。買ったは良いが更に下がる可能性があるので、1枚当たり3万円のストップロスを付け、ストップロスになったらしばらく待って再度買うのが、おすすめである。またプロフィットテイクはできるだけせずに、仮に利益が乗ったら、スロップロスを高く設定しなおせば、負けることは無くなるとギャンは言っている。

 金はギリシャ問題のファンダメンタルでは、全く予想が外れ、言うことを聞かなかった。それは、ファンドや仕手筋が一般投資家がギリシャ問題で金を買ってくることを見越して、大量に売り浴びせたためだと思われる。先週の金価格の急落も一部投機家の大量の空売りによるものだ。ということは、投機家はまだ空売り建て玉を、利がのったまま放置しているということである。つまり売り建てを買い戻すことがいずれあるということだ。それは価格の反発を意味する。あくまで予想であるので、裏切られても恨まないで欲しい。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2015年07月27日(月)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。