[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

コメ取引はおもしろい

 商品価格は軒並み下落傾向にあり、解説のし甲斐がない。金も米国経済が回復基調にあり、10月か12月には利上げがあるとの観測から大幅に下落し、原油は中国の景気悪化でガソリン需要が低迷するとの見通しからこちらも下落している。

 この中で気勢を揚げているのは『大阪コメ』だけである。年初来の値上がり率は+27.7%高で、何を隠そう大阪コメ以外の31商品はすべてマイナスであり、年初から価格が上昇しているのはコメ以外にはないということである。

 なぜコメの価格が上昇しているかについては、10月5日月曜日の日経CNBCテレビで詳しく解説するので、ここでは述べないが、日本に住んでいれば8月末に全国で何が起こったかの情報は入っているはずである。同じ日本の農産物でも小豆の価格は急落しており、こちらは中国産の入荷などが影響するが、コメはTPPで米国から5万トンの輸入枠が増えようが、175万トンの生産にはあ微々たる数字であり、農林水産省は国策として日本の農家を保護している。10月16日金曜日大阪堂島商品取引所主催のセミナーが東京日本橋で開催されるが、JA大潟村の組合長が先物取引の使い方を講義される。たいへん楽しみである。ご興味がおありの方は大阪堂島商品取引所のホームページにセミナー案内があるのでご覧願いたい。
 ファンドは9月から11月に決算期を迎えるため、この時期はファンドの建玉の解消が多くなる。

 日本の農産物が先物取引市場に上場され、それが生産者や中間取引業者、大手コメ消費業者によって利用されるなら、先物取引にとっては本望である。何も海外の原油やわけのわからない金、アメリカ産のトウモロコシや大豆を取引することはない。コメ一本で勝負してもよいのではないだろうか。なぜなら、コメの需要や供給は肌身に感じてわかるからである。需給がわかれば価格の動向はおおよそ検討がつく。ブラジルのコーヒー農園や豪州の小麦生産者が米国市場をモニターしているのと同じで、日本のコメ消費者たる投資家が自分の食べるコメのために先物売買をして生活費を稼いだり、ヘッジしたりするのはごく自然な行いである。

 日本のコメ市場が消えることなく、一部業者に支えられるだけでなく、江戸時代さながらの大規模な世界的なコメ市場に成長することを切に願っている。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2015年09月30日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。