[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金価格は上がるのではなかろうか

 NY金価格は11月12日の1073ドルで下げ止まったような感がある。今後金価格は上がるのではないだろうか。そう思うには三つの理由がある。

 1つは、ドル高の終焉が近いと思われること。今後12月16日の米国連邦準備制度理事会(FRB)による公開市場委員会(FOMC)で利上げが行われるならば、金価格の下落は一段落して上昇局面に入るものと思っている。FOMCで12月に利上げがあると予想している投資家の数は7割を超えており、現状で米国経済に何事も起こらなければ利上げとなるだろう。昨年の7月以来、米国の利上げを先取りしてドルが高くなっていた。その分金などドル建ての商品価格は下落している。(チャート参照)ドル高は新興国通貨を安くし、利上げは資金のレパトリエーション(米国への還流)を促し、新興諸国に二重の苦悩を与えている。しかし、それは永久に続くわけではない。仮に米国の利上げが行われれば、ドルを買っていた投資家の買い戻しが起きるだろう。ドル安は金高の要因となる。

 2つ目は先週発行されたWorld Gold Councilによる第3四半期の世界の金需要が大幅に増加したことだ。世界の金の需要は、前期比+24%、前年同期比+8%と大幅な増加となり、それはインド(前年同期比+13%)中国(同+13%)のみならず、中近東(同+10%)、米国(同+62%)、欧州(同+27%)と世界各地で需要が伸びた。インド人や中国人のみならず、欧米諸国の金の現物投資家は値ごろ感の出ている金をせっせと買い始めている。過去のグラフを見ると(昨日発行の週刊ゴールド参照)、金の実需が増加した四半期は金価格が上昇に転じる傾向があることが見てとれる。

 3つ目はパリのテロである。フランス当局は、次はワシントンが狙われていると警告を発している。今後シリアのIS勢力に対する攻撃は激しさを増すことだろう。それは、窮鼠猫を噛む状況にならないともかぎならない。攻撃は反撃を産む可能性がある。テロは未然に防ぐことが難しい犯罪である。犯人の周囲の人々は「あの優しいお兄さんがまさかこんなことをするとは・・・」と述べている。もう一度大きなテロがあれば金価格は上昇すると思われる。悲劇が起きないとしても、金に対する選好は増すだろう。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2015年11月18日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。