[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

わかりにくい時期

 今は相場の行方が分かりにくい時期に入っている。NY金価格は2月11日1263.9ドルという昨年2月2日以来一年ぶりの高値を付けた後急落し、1210.1ドルになっている。上昇トレンドができたと思ったが、2月11日までのことであり、揉み合いに転じている。こうなるとこの揉み合いの後にどちらに向かうかが方向を決めることになり、今の時点では何とも言えない。その背景には株価が下げ止まったことがある。ダウ平均株価は1月20日15,450ドルまで下落したが、16,620まで7.6%反発しており、日経225は2月12日の14,865円を底値に16,052円まで8%戻っている。上海総合指数も1月27日の2,638.3から2927.1まで10.9%上昇。株価の反発と共に、先行きの不安が解消されつつある。世界の景気は決して良くなく、企業業績も低迷しておりとても大盤振る舞いの賃上げを認められるほどゆとりはないが、今後どうなるだろうというほどの恐怖感もない日本人には慣れ親しんだ状態である。

 日本の債券ディーラーはほんの僅かの金利の動きを追う日々がここ数十年続いていたが、いよいよマイナス金利との闘いとなり、とても利ザヤを抜くような状況とは程遠くなっている。資金の運用をせざるを得ない立場のディーラーは、貸し付けも金利の利ザヤもダメで、最近欧米のブリオンバンクは金等の商品投資からも撤退している。今後金融機関の資金運用はいったいどうなるのであろうか。銀行や保険会社の株価が下がるわけである。

 さて、商品投資の世界に戻ると、こうした時期は、投資を休むか、どうしても投資するなら一定のレンジ(相場の上下幅)を決めて、下限に達したら買い、上限近くなったら売るというこまめなサヤを取るしかないだろう。そうした操作は最も難しい技術の部類に入る。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年2月24日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。