[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

方向感の無い展開

 先週FOMC(米連邦準備制度理事会による公開市場委員会)において、利上げが見送られ、年4回の利上げ予定が2回に修正されたため、ドルが下落し、商品価格が上昇している。今年1月4日を100とした指数では、ドルインデックスは▲3.8%下落しているのに対し、シカゴトウモロコシ価格は+4.4%、原油価格は+7.3%、金価格は16.6%上昇しており、ドル安の商品高となっている。

 ただ、ここにきて金も原油もトウモロコシも動きは一定方向には向いていないように見える。原油価格は40ドル近くまで上昇しており、ファンドの売り残と価格の関係は0.84という高い正の相関で動いている。しかし、2月9日の33万枚の売り残は、3月15日20万枚まで減少し、ピークの3分の2となっている。その分だけ買い戻しの勢いは以前ほどでは無いのではないかと思われる。

 現在の原油需給は、米エネルギー情報局(EIA)はShort Term Energy Outlookにおいて、112万バレルの供給過剰と述べており、OPECのOil Market Report3月号では、76万バレルの供給過剰と述べている。その差は日OPECからの供給量をOPECはEIAより少なめに見積もっているためであるが、いずれにせよ米国の原油在庫は5週連続で増加しており、世界の石油在庫は30億2300万バレル(1月末)と過去5年平均より3億2800万バレルと、1割以上多い水準となっている。

 このところ原油は割り安感から買われているが、その根拠は乏しく、4月17日に予定されるドーハにおける産油国会議も、1月の生産量で凍結することさえ困難だと思われている。産油国各国は原油安により歳入不足に陥っており、少しでも収入を増やさねばならない立場にあり、生産量を制限するほど余裕のある国は少ないと思われる。

 ここまでの原油価格上昇は、証券投資家が購入している原油ETFが買われたことが主な要因となっているが、原油価格が一定以上に高くなれば利食い売りが出るのではなかろうか。EIAは今年と来年の原油価格見通しを35ドルとしているが、21日の原油価格は39.91ドルと、すでにその価格を上回っており、底値を確認した原油価格はそろそろ短期的な天井を見せるのではなかろうか。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年3月23日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。