[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

年初を100とすると

 最近の世界の動きで特徴的なのは、ドル安/円・ユーロ高と、それに伴う金・原油高であろう。今年の1月4日を100とした指数では、NY金が4月11日までに+16.9%上昇し、原油価格も+9.8%上昇しているのに対し、ドルインデックスは▲4%下落している。

 株価との比較では金が+16.9%上昇しているのに対しDow平均株価は+2.4%の上昇、上海B株は▲5.2%の下落、日経平均株価は▲14.6%の下落となっている。

 先進国通貨は、ドル円が+9.6%円高になり、ユーロ/ドルが+5.3%ユーロ高、英ポンドは▲3.2%安、スイスフランは▲4.8%安である。

 BRICS諸国他の主要通貨は、ブラジルレアルが+13.6%、ロシアルーブルが+8.4%、カナダドルが+7.7%、豪ドルが+5.6%、人民元が+1.2%、インドルピーが+0.4%で、ドルの▲4.0%に反比例して、2014年以来のドル高各国通貨安が反転している。

 ドル安の主な原因は利上げが見送られたことにあろう。3人の米国地方連銀理事が4月の利上げもあり得ると述べた後で、イエレン議長が、今年は4回の利上げを2回にすると、利上げへの慎重姿勢を示したため、今では4月の利上げはなく、6月以降になるだろうとの見方となっている。ドル安は金や原油高を招く。

 金については、World Gold Councilからマイナス金利になると金投資に有利に働くというレポートが出ている。その理由は、

   マイナス金利によって債券価格の上限が限られ、リスクを回避する動きとしての債券

    投資の妙味が薄れるため、金のセーフヘブンとしての役割が際立つようになる。

   外貨準備を運用する各国政府の運用責任者や、株式投資等で運用するファンドマネジャー

    にとって、現金化するとマイナス金利が発生する恐れがあり、金の小さなリターンでも佳しとし、

    ましてや価格が上昇するならなお佳しとなっている。

   金の保有コストが金利の低下により限定されている。

   マイナス金利により通貨への投資は、通貨戦争や通貨介入の可能性によりボラティリティー

    が高くなるため回避され、金投資に資金が向かう。

   中央銀行によるインフレやデフレを制御し、あるいは経済成長を促進するために効果のある

    選択肢が限られてくるので、債券よりも金を外貨準備として保有する動きが加速する。

 などを挙げている。ファンドマネジャーのポートフォリオに占める金の割合は、7.6%〜15.7%になるだろうという。(詳細は株式会社コモディティーインテリジェンスの週刊ゴールド4月11日号参照)

 一方原油価格は、4月17日に予定されているカタールのドーハにおける産油国会議で1月の生産量をもって生産量を凍結するという決議がなされるかどうかが焦点となっている。三通りの解釈があり、一つはサウジアラビアのムハンマド副皇太子が述べているように、イランが生産凍結に参加しないなら会議には出席しないという会議そのものが流れる可能性。もう一つは、イランに対して参加国が少し譲歩することで会議が成立して、凍結が実施される可能性、この場合イランの生産量をどの水準で妥協するかが問題となる。三つ目は、会議が成立して生産量が凍結されても、緩和している世界の原油需給に対しての効果は小さく、一時的に価格は上昇するとしても、いずれ供給過剰の重みにより価格は下落するだろうというもの。どの場合も今後原油価格が45ドルを超えて上昇するというムードにはなっていない。むしろ反落がどの程度で収まるか、あるいは少し反発するかという点が議論の的となり、ゴールドマンサックスなどは、弱気に傾いている。

 金価格も原油価格も、今後の米国景気次第で6月14〜15日のFOMCにおいて利上げさされる環境が整って来れば、ドルは反転上昇し、各国通貨は弱くなり、商品価格の反落する可能性がある。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年4月06日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。