[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

中国の金需要減少

 先週末NY金価格は▲20.3ドルと大幅に下落し、月曜日には+10.2ドル高と半返しになっている。ただ、今後の金価格はどちらかと言えば弱いのではなかろうか。

 なぜなら世界の二大金消費国の金の需要が変調をきたしているためだ。

 中国は、経済成長の鈍化を受けて、24金宝飾品の加工プレミアムがほとんど採算割れになるまで落ちており、宝飾品用金需要が減っている。そのため、昨年大幅に増加した銀行による宝飾品加工業者向け金リース事業が急速に縮小している。その背景には金利の下落と、政府によるリース相手先の与信管理強化の政策転換がある。

 そのため、リースされた金は満期を迎えると再リースになることなく金が返還されている。返還された大量の金地金の在庫を抱えた中国四大銀行は、金地金輸入を急速に減らしており、中国の1月〜2月の金の輸入量は前年同期比▲44%の輸入減となっている。3月の数値は未だ発表されていないが、上海黄金交易所における輸入金に対するプレミアムが急落しているため、3月も輸入は少ないと思われ、年内の回復は見込めないという。いよいよ中国発の個人消費減退の波が、金需要にも表れ始めている。

 一方、世界第二位の金消費国インドは政府による1%の販売税再課税反対のためインド国内宝飾品小売店舗は43日に及ぶストライキを行っていたが、ストライキが終わった後再開された店舗に金の需要は戻っていない。インドでは、昨年来金宝飾品需要の低迷が続いている。金価格が高くなり過ぎたという事情もあるが、昨年のインドの金需要が主な落ち込んだ理由は、モンスーン時期に雨が降らず全国的な干ばつとなり、農民の収入が減ったためである。需要の3分の2を占めるインドの地方の婚礼や祭礼時の金購入が、収入減の影響を受けて節約された。そして、現在インドでは連日32℃を超す猛暑が続いている。今年もモンスーン時期に雨が降らないのではないかという恐れが農村一帯に広がっている。おそらく今年もインド人の財布のひもは固くなるのではなかろうか。

 2大需要国の需要減を見るまでもなく、金は年初から17%も上昇しており、反落の時期を迎えている。ファンドのネット買い残は2012年10月以来3年半ぶりの多い水準となっており、いつ手仕舞い売りされてもおかしくない。

 また6月に向けて米国連邦準備制度理事会は利上げの兆しが出るかもしれない。そうなればドル高、商品安となる可能性がある。たとえそうならなくても、株価は乱高下から収まっており、金をセーフヘブンとして買う理由は今後少なくなるのではなかろうか。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年4月27日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。