[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

IEAのグラフからいくつかの点が見て取れる

 国際エネルギー機関IEAのOil Market Report2016年5月号のグラフからいくつかの点が見て取れる。

 最初のグラフは今年末までの世界の原油需給を予想したものであるが、緑色の線の供給は少し伸びが止まる一方で、需要が増加してきて、年末には供給過剰は日量30万バレルになると、比較的強気の見通しを立てている。

 次のグラフは、世界の原油需要の伸びを示したものである。もともと原油需要の伸びは先進国ではほとんどない。グラフの黄色い棒線は日本の需要の伸びを表しているが、毎年マイナスであることがわかり、その大きさは徐々に増加している。つまり、日本の原油需要はマイナス成長であることがわかる。

 一方、原油需要の伸びが大きいのは新興諸国であるが、このグラフで顕著なのは、明るい茶色の中国の需要が急減していることだ。もう一つ気がつくことは、インドの需要が増大していることである。いずれもモータリゼーション、つまりガソリン需要がけん引しているが、インドの自動車販売は伸びるが、中国では自動車在庫が多すぎて、車を作り過ぎているという実態を反映したものと思われる。

 三つ目のグラフは、イランの原油輸出の状況を示したものであるが、今年の第1四半期に急増していることが分かる。

 その内訳を見てみると、これまでイランの核開発に対する経済封鎖で全くイランから原油を輸入していなかった欧州が原油輸入を再開して急増していることがわかる。日本も増えているが、韓国とともに、経済封鎖中でも欧米の容認を受けて、イランからの原油輸入はそれ程絞っていなかった。

 次にインドであるが、経済封鎖中よりは少し増えている。しかし、中国の増加幅ほどには増えていない。これはサウジアラビアとイラクが、イランに対抗して既存のシェアを守ろうとしているが、中国ではイランに競争で敗れつつあり、インドでは防戦に成功していることを示している。

 販売前線では熾烈なシェア獲得競争が行われており、こうした動きが6月2日のOPEC総会でもサウジアラビアは強硬な姿勢を示すのではないかという根拠となっている。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年6月1日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。