[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金と原油の動向

 現在世界には三つの懸念がある。

 一つは中国の不良債権や過剰設備、過剰在庫の処理問題、もう一つはBREXIT、最後は米国の大統領選挙である。こうした不安から金はセーフヘブンとして買われている。ジョージソロスはいち早く今年の初めから金のETFを大量に買い、また、金鉱山株式を購入してNEW MONT MINING COの株式の17%を握った。また、債権王のBill Grossも金は投資として魅力的であると述べている。

 すでに金価格は1月4日の1061.5ドルから6月13日の1286.9ドルまで、+225ドル、2割以上今年だけで上がっている。その背景には、マイナス金利というBill Grossに言わせれば、いつ爆発するかわからない超新星だという。こうした過去にない行き過ぎた政策は、いずれ様々な経済の歪みを発生させるであろう。

 今年に入ってからのNY金はわかりやすい動きをしている。ドル高になれば金安、ドル安になれば金高という相関計数▲0.85という高い負の相関関係ができ上がっている。そしてドル高になるのは米国FOMCで利上げがあると思われる時である。

 今週は14〜15日がFOMCで、水曜日にイエレン議長の記者会見、木曜日に黒田日銀総裁が金融決定会合の後での記者会見、そして、金曜日はドラギECB総裁の記者会見が連日行われる。いずれも来週23日の英国のEU離脱を問う選挙が念頭にあり、思い切った動きは取れないであろうと予想されている。つまり今週は米国の利上げはないだろうが、イエレン議長が7月に向けてどのようなコメントを出すか注目される。7月の利上げ気分が増長すれば、ドル高金安となるだろう。そうでなければ金高が続くと思われる。

 次に原油について述べれば、先週は米国エネルギー省(EIA)による石油週報では、3週連続で大きな原油在庫の減少が見られた。そのため原油価格は51.67ドルまで上昇した。

 しかし、同時に公表されたBaker & Hughes社による石油・天然ガス稼働リグ数は9カ月ぶりに+4本の増加となった。これは米国のシェール企業は、50ドルなら採算が合うとして減産する必要性が乏しくなったことを示している。このことは、IEA(国際エネルギー機関)EIA(米エネルギー情報局)及びOPEC(石油輸出国機構)の需給予測の供給予想を上方修正させるだろう。年後半に考えていたよりも米国の減産は少なくて済むことになり、インドや中国を巡るシェア争いでサウジアラビアとイラン、イラクは熾烈な競争をしており減産する気配はない。一方需要はそれほど急回復する見通しは立たない。したがってまた原油在庫は増え始める可能性がある。つまり、需給的に言えば弱気になっている。これが今週になって原油価格が48ドルまで下がっている要因となろう。今後も更に弱くなる気配はあるが、証券投資家はETFを通じて買いに味を占めているため、どこかでまた安すぎるという感覚から原油を買ってくる可能性はあり得る。しばらく弱含みによる反発局面が見られることだろう。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年6月15日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。