[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金と原油価格の動向

 金価格は今週末に開催されるジャクソン・ホールにおける26日のイエレンFRB議長による講演を注目している。同日に公表される米国4〜6月期の米国内総生産(GD)改定値は、前期比年率+1.2%を+1.1%に下方修正されると予想されている。7月のFOMCでは2人の委員が7月に利上げするべきだとしていたが、ブラード・セントルイス連銀総裁は「今後2年間で1回の利上げ」と述べ、ダドリーNY連銀総裁は下半期の経済成長は上半期を上回ると述べ、ウィリアムズサンフランシスコ連銀総裁は、米国経済は強いと見ている。また、ウィリアムズ総裁は利上げを早めに再開し緩やかなペースで利上げをするべきだと述べている。ロックハートアトランタ連銀総裁は年内、少なくとも1回の利上げが正当化される可能性があるという。こうした発言内容からは決定的な9月の利上げ予想は出ていない。米国の経済指標も物価上昇は抑えられているし、決して悪くはないが良くもないというニュアンスである。それだけに、イエレン議長が26日にどのような発言を行うかが注視される。いずれにせよ金の投資家は、まさかの事態があるとして、ドル高・金安に備えておくべきであろう。

 原油価格については、9月26日〜28日にアルジェリアで開催される国債エネルギーフォーラムが注目されているが、現在サウジアラビアやロシアは原油生産量を最大限に行っている。8月のサウジアラビアの原油生産量は日量1080〜1090万バレルと過去最大になっているという。つまり生産の凍結は最大生産量で凍結されるということであり、それが価格を引き下げる意味合いは持たないだろう。会議で合意がなされるという噂で原油価格は上昇し、合意がなされたら、その効果を疑問視して原油価格は下落するのではなかろうか。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年8月24日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。