[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

中国の飢餓輸出

 ファンド的に価格を占うと、原油の場合は、これまで▲0.80と負の相関関係にあった売り残がこの二週間で、28万7,646枚から17万8,231枚に▲10万9,415枚減少してしまい、ファンドが買い戻すという目論見はすでに外れてしまった。つまり、買いが増えて価格が上がる勢いは削がれている。

 金については、ネット買い残と価格の相関係数は0.93と依然として高い相関を保っている。つまり、ファンドが買うと金価格は上がり、ファンドが売ると金価格は下がるという傾向があるということであるが、8月23日時点のファンドのネット買い残は32万2699枚でこの2週減少した後先週は1万枚ほど増加している。実はこれだけでは今後ファンドが買いを増やすのか、減らすのかが見通せない。30万枚台の買い残は6月14日からずっと続いており、7月にかけて増えて8月に減っている。今後はFOMC次第で、仮に今週の雇用統計が良い数字となればドル高・金安つまり金は売られるだろうと思われる。

 残念ながらファンドの今後の動きを予想するには材料が無さすぎる。

 今朝の日本経済新聞で中国の三大石油企業の収益が急減していることを報道していた。価格の下落と景気減速により、上半期の決算が前年同期比▲80%減となり、過去最低を記録している。この影響は、中国製品の安売り競争につながると思われる。既に中小地方政府管轄や民間のTea Potと称される弱小メーカーが中国国内のガソリン需要以上のガソリンを生産しており、中国から欧州・東南アジアに飢餓輸出が行われている。こうした供給増は、価格のスパイラル的低下をもたらす。資本主義の世界では、大赤字の企業は市場から消え去ることになるが、政府の補助金が出ている限り、社会主義の企業は生き残る。国有企業三社だけでも260万人の雇用を抱え、トヨタ自動車の8倍の人員を抱えているというので、操業を抑えることはできないであろう。とにかく作って売ることが雇用を支える唯一の方針となる。赤字でもなんでも輸出するのであろう。

 そうした状況を考えると、当面原油価格は石油製品価格の頭打ちにより上がりそうにないような気がする。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年8月31日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。