[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金と原油は横ばいか

 チャートを見ると金は下落して原油価格は上昇しているが、どちらの動きもレンジの範囲内だと思われる。

 金については、米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した9月の米製造業景況感指数が、前月から+2.1ポイント上昇し51.5となり、3カ月ぶりの上昇で、製造業景気の拡大・縮小の境目である50を2カ月ぶりに上回った。市場予想(50.4程度)も上回った。そのため、米国の12月の利上げがありそうだとの見通しからドル高、円安、金安となっている。今後も米国景気の動向が利上げ向きであれば、同様な値動きとなるだろう。

 一方、英国のメイ首相は2日、欧州連合(EU)離脱の正式な手続きを2017年3月末までに開始すると明らかにした。これは金にとってはFavourなニュースであろう。Bresxitにより、少なくとも英国経済には大きなダメージがあるだろう。今後の欧州連合との対話次第であるとしても、欧州景気にも水を差すことになり、経済不安社会不安は金高となる要因である。ただ、市場はまだ先のこととしてBREXITに大きな反応は見せていない。

 当面は米大統領選挙でトランプ氏が当選する確率が高くなることが金高要因であるが、どうもトランプ氏はこけつつある。連邦税を払っていなかったことを居直り、クリントン夫妻の仲という下ネタで切り抜けようとしているが、本当に米国の選挙民は見る目があるのかと思いたくなる。もっとも頭の悪いブッシュ(息子)を大統領に選んだくらいであるから、米国民は常識を疑われる人々が多いのかもしれない。いずれにせよトランプ優勢なら金価格は高騰するはずだ。

 原油については、OPECの非公式会議が終わったとたん公表されたのは9月のOPECとロシアの原油生産量が過去最大であったことである。さらに原油価格が50ドルを超えてくれば、米国のタイトオイルの生産は増加するものと思われる。ただでさえ、減産幅が少なく、既得権益を認め合うようななれ合い的な合意ではその効力も知れている。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年10月5日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。