[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

OIPEC減産決議の効力

 OPECは8年振りの減産決議を実行し、原油価格は急騰している。ロシアのプーチン大統領は、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子とイランのハメネイ最高指導者及びロウハニ大統領との仲を取り持ち、イランは減産せずに増産を認めるというサウジアラビアの妥協を取り持った。またサウジアラビアはOPEC最大の▲49万バレルの減産を行い権威を示した。イラクは▲21万バレル、UAE▲14万バレル、クウェイト▲13万バレル、ベネズエラ▲10万バレル、アンゴラ▲8万バレル、アルジェリア▲5万バレル、カタールとエクアドルは▲3万バレル、ガボンが▲1万バレル、リビアとナイジェリアは免除され、インドネシアは会議から抜けている。イランは+9万バレルの増産が認められている。


 減産するのは2017年1月から6ヵ月間であり、減産幅は厳密には117万バレル弱であるが、これはロシア等非OPEC諸国が▲60万バレルの減産を行うことが条件となっている。


 OPEC発行のOIL MARKET REPORT11月号によれば、2017年の原油需要予想は日量9,555万バレル、非OPECの供給量予想は日量6,286万バレル、OPECに必要とされる原油の生産量は需要量から非OPECの供給量を差し引いた日量3,269万バレルである。ところが、10月のOPECの実際の生産量は日量3,364万バレルであるため原油需給は日量95万バレルの供給過剰であった。これに対し、今回の減産でOPECの生産量が日量3,260万バレルに減少すれば、原油需給は日量9万バレルの供給不足となることになる。そうなれば、増加している原油在庫は減少に転じる計算となる。これに非OPEC諸国が日量60万バレルの減産を行えば、大きく原油在庫は減ることになる。


 以上は机上の計算であるが、これにはいくつかの変数がある。まず一つ目は、米国のシェールオイル稼働リグが増えていることが挙げられる。米国の石油掘削リグ数は2014年10月10日1609基と過去最大となったが、2014年秋からの原油価格下落に伴い稼働リグ数は減少してきた。

 しかし、今年5月27日の316基を底にして、原油価格の反発と共に稼働リグ数は増加し始め、12月2日時点では477基になっている。5月に比べて+161基の増加である。5月以来の27週間で前週からリグ数が減った週はわずかに2週しかない。2014年のピークから効率の悪いリグを廃棄して新しい生産性の高いリグを装置している。それだけ米国の石油生産コストは下がっていると言えよう。米国の企業はそれぞれ民間企業であり、OPECのような統制は取れていない。収益があれば、生産を拡大するのは資本主義の原理であろう。従ってOPECやロシアが減産して上昇した価格の果実を真っ先に享受するのは米国の石油企業であろう。


 12月10日にモスクワでOPEC諸国と非OPEC諸国の会合が開催される予定で、カザフスタンは参加を表明している。OPECは非OPEC諸国が日量60万バレルの減産をすることを条件としているが、果たして各論となると果たしてそれが可能であろうか。


 サウジアラビアの場合は、サウジアラムコの株式公開で1000億ドル規模の臨時収入が見込まれている。またムハンマド副皇太子が主導する経済改革案「ビジョン2030」は、(1)30年までに国内総生産(GDP)に占める民間部門の比率を40%から65%に引き上げる(2)石油以外の財政収入を6倍超に増やす――といった野心的な数値目標を掲げ、石油依存からの脱却と対外投資収益の拡大をめざす構想であるため、比較的原油減産の政策が打ちやすい環境にある。しかし、原油収入が国家収入の大半を占める産油国ではそうはいかないお家の事情がある。こうしたことは、OPEC諸国が減産を決議したからといって、今後それが守られるかどうかについては保証の限りではない。裏切られたときの反動安は想定しておくべきだろう。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2016年12月7日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。