[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

不透明感に覆われた2017年

 酉年は商売に縁起の良い年だそうだが、果たして商品価格にとってはどうであろうか。


 ドル高にもかかわらず年初からニューヨークの金銀白金価格は上昇している。ただ貴金属価格にとって、今年のネックは米国の利上げである。昨年のように利上げが米国株価に影響して株安の不安が出れば、金価格は上昇する余地があるが、年3回の利上げが毎回のFOMCで予想されるたびに、金価格はプレッシャーを受けることになるだろう。金利のつかない金価格にとっては、利上げは難敵である。

 もう一つの金の難敵はドル高である。トランプ次期政権の政策を囃してドルが買われており、それが米国株価高にもつながっている。問題は、トランプ次期政権の政策の実効性である。

 米国の会計年度は10月以降であり、新年度の予算編成で初めてトランプ次期政権の政策が反映される。つまり今年の10月以降のことである。その前に予算の歳入が審議され、歳入不足から財政赤字に対する対処が議論される。そうした予算作成の過程において、トランプ新大統領が選挙中に公約した政策が、どこまで具体的に実現するかが今後の見ものとなる。

 そうした中で一層政策に対する期待感が強まるか、あるいは絵に描いた餅として人々を幻滅させるかによってドル高、米国株高は、更に一層強くなるか、あるいはドル高が減速するかが決まってくると思われる。ドルはかなり買われているので、ほころびが出ると、一斉に売られる可能性がある。従って、今年の金価格はこうしたドル高がどこまで続くかが一つの目安となると思われる。これは原油価格等他の商品価格にもあてはまる。

 一方、トランプ政策における減税やインフラ投資は米国の財政赤字の拡大を伴う。それはインフレ懸念となるので、金価格には有利に働く。

 トランプ政策の保護主義的側面は、WTOを巡る訴訟合戦や様々な国際間の軋轢を産む可能性がある。

 また欧州においては,イタリアでは年内に解散総選挙が見込まれ五つ星運動が過半数を握る可能性がある。同党は欧州離脱を模索している。3月にはオランダ総選挙、5月にはフランス大統領選、6月にはフランス総選挙、8〜10月ドイツ下院選挙があり、欧州の政権交代の可能性がある。それはEUの離脱の国民投票等に発展する可能性があり、欧州政治は不安定になる可能性がある。そうした地政学的リスクは金価格を支えるだろう。


 年初から、かなりの不透明感に覆われた2017年の始まりとなっている。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2017年1月4日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。