[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

メキシコ農業大臣 農業使節団を南米に派遣

 メキシコ農業大臣は2月16日農業使節団をアルゼンチンとブラジルに派遣してトウモロコシの調達に当たらせると述べた。これまでメキシコはトウモロコシを100%米国から輸入しており、米国にとっては、トウモロコシ輸出量の約4分の1を占める最大の顧客である。

 米国農務省が昨年11月末に公表した米国農産物貿易概要によると、2017年穀物年度の農産物輸出高予想は1340億ドル、農産物の最大の輸出国は中国で、2017年度は218億ドル(約16%)、次いでカナダの213億ドル(約16%)、メキシコは第三位の183億ドル約(約14%)である。トランプ大統領は、メキシコに壁を作ると述べてメキシコ大統領との会見がキャンセルされ、険悪なムードになった代償として、トウモロコシの最大の顧客を失おうとしている。これぞ貿易戦争であり、一方を立てれば他方が立たないという問題である。

 トランプ大統領は、機械や鉄鋼等の労働者の歓心を買おうとしているが、農民に対する政策は聴いたことがない。米国は世界最大の農業大国であるが、農業人口は1.6%、農産物生産額はGDPの約1%である。これを少ないというのか機械や鉄鋼の労働者の方がだいじというのかよくわからないが、トランプ大統領が就任直後に離脱したTPPも米国の農民にとっては輸出拡大のチャンスだった。TPP締結により環太平洋諸国の農産品輸入税が減税される機会だったからだ。おそらく農民は不満をもっているのではないかと思われる。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2017年2月22日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。