[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

凪が続く商品相場

 フランス大統領選挙による欧州分裂危機が回避され、北朝鮮に対してはトランプ大統領が中国を通じての対話の呼びかけを行っている。また中国が北朝鮮からの石炭の輸入を絞り経済的圧力をかけ始めている。金正男に平衡感覚があるなら原爆開発と経済的安定の天秤の重さを量ることだろう。こうして地政学的リスクが一段落し、次はギリシャの債務返済期限の7月17日まで波乱の兆候は見られない。その間に6月14日の米国のFOMCが控えており、市場ではほぼ利上げが確実と読んでいる。それは金価格の下落を呼ぶであろう。これまでの金価格は利上げが近づくと下落し、利上げが行われると上昇するという繰り返しとなっている。噂で売って事実で買えである。

 ギリシャの後はイタリア、ドイツとEUの結束を揺るがす選挙があるがいずれも今秋である。

 原油については、OPECが盛んに原油の7月以降の減産延長を口先介入しているが、事実としては、今後原油の需要期を迎えるので、生産量は増加せざるを得ず、どこまでが減産かという議論にもなるだろう。ただ、原油価格が再び45ドル前後まで下落しており、米国のシェールオイルの増産には歯止めがかかるかもしれない。掘削リグ稼働数が増加しているのは、テキサス州とニューメキシコ州にまたがるPermian油田が大半であることもその事実を裏付けている。生産性は改善しているとはいえ、掘削リグのコストが上昇しており、かつては40ドルでも採算が取れた油田がコスト高になりつつあるという。45ドルを下回ってくると米国の増産基調は止まるかもしれない。いずれにせよ、原油価格が60ドルまで上がるような情勢は感じられない。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2017年5月10日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。