[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

日本円が安全通貨なわけ

先週慶應大学白井さゆり教授のお話を聞く機会があった。元コロンビア大学教授。IMF職員、また日銀の審議委員であった同教授のお話は大変詳しくわかりやすかった。その中で二つの理解があった。一つは『なぜ日本円は有事の時に安全通貨として買われるのか』という疑問と、もう一つは『なぜ日銀はインフレを2%まで高く誘導しようとしているのか』というものである。後者の説明は次回に譲るとして、今回はなぜ北朝鮮のミサイル発射や最近では世界同時株安の時に円が買われて円高になるのかという点について受け売りの解説をしたい。

まず、安全通貨とは何かという点であるが、戦争等の有事や経済危機等が起こり、投資家たちの間で「どんどんリスクを取って儲けよう」という意欲が弱まった時(リスクオフの時)に買われる通貨のことである。かつては「有事のドル買い」であったが、現在の安全通貨は「日本円」と「スイスフラン」となっている。2008年に起こったリーマンショック後の世界金融危機以降、この2つの通貨が他の通貨全般に対してたくさん買われるようになった。

その理由は二つある。ひとつは、どちらの国も長い間低インフレだったために低金利だからである。(インフレと金利は連動する)こうした国の通貨は、投資家が投資に必要な資金を調達する時の通貨(「調達通貨」)になりやすい。

たとえば、投資家が積極的にリスクを取る資産運用の方法に「キャリートレード」と呼ばれるものがある。これは金利の低い通貨で調達した資金を金利の高い通貨に換え、高い金利で運用し、その金利差で稼ぐという方法である。

日本円やスイスフラン等の低金利の国の通貨は、このキャリートレードで「調達通貨」になりがちである。なお、円やスイスフランは金利の高いドルや新興国の通貨に交換されるため、有事で買われた円やスイスフランも、キャリートレードが多くなると、売られて円安やスイスフランになりやすい傾向もある。

理由の二つ目は、日本もスイスも経常収支が黒字で、対外純資産(海外で保有している資産から負債を差し引いたもの)もたくさん持っていることが挙げられる。

たとえば、2016年の経常収支はドイツ、中国に次いで第3位であり、対外純資産は2016年末時点で日本は世界1位、スイスは6位となっている。これほど大量の資産を持っているが故に、両国ともその通貨は「安全」と見なされやすい。

また、最近ではスイスフランの方が日本円より割り高なのでスイスフランよりも日本円の方が買われやすくなっている。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2018年3月7日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

商品先物銘柄トピックス コモディティー インテリジェンス提供

・ 先物とは何か NEW!

空白

空白
空白

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。