[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金と原油と穀物

『最近の商品価格について』

1. 金価格

NY金価格は昨年12月米国で利上げがある前は1,238ドルまで下がっていたが、利上げ後は上昇し始め、今年の1月25日1,365ドルまで約10.3%上昇した。過去5回の利上げに対して金価格は全く同じ動きをしている。つまり、利上げがありそうだとドル高・金安となり、利上げが行われた直後からドル安・金高に反転する。3月21日の米連邦準備制度理事会の公開市場委員会(FOMC)で利上げされるCMEのフェドウォッチによる利上げの確率は94.4%となっている。従って利上げまでの金価格は弱く、その後は次の6月の利上げまでの間は少し反発することが考えられる。しかし、パウエル新議長の発言からは市場は今年4回の利上げもあり得ると観測している。インドや中国の金の輸入状況も今一つであり、今後予期せぬ地政学的リスクなどの出来事がない限り、金価格が今後大きく上昇することはあまりないと思う。NY金に対するファンドの建玉は、ネット買い残が減少傾向にあることも、この予想を裏付けている。

2. 原油価格

原油価格は昨年12月中旬の62ドル台から1月25日に66.66ドルになった。これが直近の高値でその後は60ドル台前半を上下している。OPEC諸国とロシアなどの非OPEC諸国による減産により、世界の需給はバランスし始めており、少なくとも世界の石油在庫は増加することがなくなった。しかし、米国の原油在庫は3月9日の週も前週比+500万バレル増加しており、1週を除いて過去6週間増加している。これは米国のシェールオイル生産量が2月初め以来6週連続で日量1,000万バレルを超えて生産されているためで、昨年11月以来1970年の米国の原油生産量を抜いて過去最大の生産量となっている。EIA(米国エネルギー情報局)は今年も来年も米国の原油生産量は増加するだろうと予想している。背景には米国からの原油や石油製品輸出量が急増していることが挙げられる。OPECや一部非OPEC諸国が減産を行っても、米国やカナダ、ブラジルなどが増産すれば、バランスしかかった原油需給も結局供給過剰となり、過去5年平均を上回っている現在の世界の石油在庫はあまり減らないだろう。

NY原油に対するファンドのネット買い残は、過去6年に比べてかなり多い。しかし、このネット買い残の解釈としては、『今後ファンドはこの買い残をもっと増やすというよりは、売り閉じてネット買い残を減らすろう』という予想につながる。

従って原油についても、新たな地政学的リスクや予期せぬ生産の支障が起きない限り、50ドル~60ドル台で推移し、100ドルまで上がるというような極端な予測はできない状況である。

3. 穀物価格

最後に穀物について少し述べておくと、過去4か月ほど、アルゼンチンの降雨量が少ない状況が続いていたため、シカゴトウモロコシ価格は昨年12月の350セント/ブッシェルから3月13日395セントに約12%上昇し、シカゴ大豆価格は950セントから3月5日には1079セントまで+13.5%上昇している。南米は北半球でいう9月ごろに相当し、すでに収穫は大半が終わっているので、これ以上南米の要因で上昇することはないだろう。ただ、今後は北米など北半球で作付けが始まり夏の天候相場を迎える。だれも今年の夏に米国が干ばつになるかどうかはわからないのが現時点である。例年穀物は春に買えば、かなりの確率で6月ごろまでは価格が上昇するという季節要因がある。その後は天候次第でさらに上昇するかどうかが決まるが、6月~7月がピークで、9月の収穫時期にかけて価格は下がる傾向がある。

ファンドのネット買い残はグラフで見られるように、すでに相当買われてしまっているので、今年は早めに価格のピークが来るかもしれないが、まだ北米の生産にも手がつけられていない現時点では、6月ごろまでは上がるかもしれないともいえるだろう。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2018年3月22日(木)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。