[ ここから本文 ]

商品先物銘柄トピックス

金価格とプラチナ価格

昨日の株式会社コモディティーインテリジェンスの週刊ゴールドと本日の週刊経済指標に書いたことであるが、米国の財政赤字が1兆ドルに達しようとしている。オバマ大統領は、政府支出をできるだけ抑えて1998会計年度から2001会計年度までは財政黒字だった。主要国の中ではそれなりに優等生だったはずの米国が今、財政面でも信用を失おうとしている。トランプ政権が財源を無視して昨年末選挙民狙いの減税政策を実施したためだ。オバマケアを廃案にして財源を確保すると言う予定だったが、減税のみが独り歩きしている。米議会予算局(CBO)による4月の試算では、2018会計年度の財政赤字は8,040億ドルと、昨年6月時点の予想5,630億ドルより大幅に拡大する見通しだ。2019会計年度の財政赤字見通しも6,890億ドルから9,810億ドルに拡大。IMFによれば、今後3年間で全体の赤字額がGDPの5%を超える1兆ドル超に増加することになるという。公的債務の増加傾向に拍車がかかり、2023年には対GDP比117%に膨らむだろう。IMFは、すでに経済活動が好転しつつある時期には、景気に不必要な刺激を与えるような財政政策を避けるように政策担当者に提言している。それよりも、大半の先進国、新興市場国と低所得途上国においては、自国の財政計画を完遂して赤字と債務を減少軌道にしっかりと乗せることの方が大事だという。また、生産性を向上させ、人的資本や物的資本を促進するような財政改革を実施する必要があるとのことである。

ドルインデックスが今後どのように動くのかは、ドル円の動きと共に気になるところである。金価格は明らかにドルと反比例している。東京金価格は円安ならドル建てより高くなっていることは2014年以来の東京金価格が証明済みである。

一方、減税効果により米国の金融機関や石油企業の業績は好転しており、今後の米国株価上昇の背景ともなるだろう。IMFは今年と来年の景気はまだ上向きだが、再来年以降は景気が下降し始めると述べている。長い好況の最後の一瞬を味わうのかもしれない。その後の景気後退はどんなことになるだろうか。

減税により企業業績が上向いた米国の石油企業は、30ドル程度に原油価格が下がっても黒字を維持できる体質になったという。70ドル近くなら大幅な黒字であろう。おそらく、米国石油企業は焦って原油を掘る必要はないものと思われ、原油生産量は需要に対応する程度で伸びていくであろう。中近東の原油の重要な顧客であった東アジアの需要増は、米国、北海油田とロシアやカザフスタンを含んだ欧州、それに中近東諸国の間で熾烈な競争が展開されるものと思われる。米国からの輸送が効率化すれば、かなりのシェアは中近東から米国に移ると思われる。

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●
株式会社 コモディティー インテリジェンスでは毎日発行している週刊ゴールド(月)週刊経済指標(火)
週刊穀物(水)週刊原油(木)週刊テクニカル分析または週刊CX(金)週間展望(金)月二回のコメ(第二・
第四木曜)の単号(一枚)売りを始めました。詳しくは弊社サイトをご覧ください。(http://commi.cc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世

2018年4月25日(水)

株式会社コモディティー インテリジェンス 近藤雅世(こんどう まさよ)

1972年早稲田大学政経学部卒。三菱商事入社。
アルミ9年、航空機材6年、香港駐在6年、鉛錫亜鉛・貴金属。プラチナでは世界のトップディーラー。 商品ファンドを日本で初めて作った一人。
2005年末株式会社フィスコ コモディティーを立ち上げ代表取締役に就任。
2010年6月株式会社コモディティー インテリジェンス設立代表取締役社長就任。

コラム提供:株式会社コモディティー インテリジェンス

コラム一覧へ戻る

当社は「ALL先物比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報のうち「商品先物銘柄トピックス」等に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。