[ ここから本文 ]

商品先物取引とは

一般的に先物取引というと、「将来の一定期日に決済することを約束したものの取引」といわれます。商品先物取引とは、「将来の一定期日に商品を買ったり売ったりすることを約束したものの取引」といえます。

商品先物取引には、以下のような特徴があります。

証拠金(保証金)を担保として、その数倍〜数十倍の価値の商品を売買できます

預入れる証拠金を担保として、数十倍の価値の商品を売買する(レバレッジ取引)ことにより、少ない資金で、多くの収益を生む可能性があります。しかし逆に損失が発生し、預託した証拠金を上回る恐れもあります。そのリスクも十分理解したうえで取引を開始ください。

レバレッジ(テコの原理)効果を利用した取引

投資対象品目が、株式などと比較して少ないです

預入れる証拠金を担保として、数十倍の価値の商品を売買する(レバレッジ取引)ことにより、少ない資金で、多くの収益を生む可能性があります。しかし逆に損失が発生し、預託した証拠金を上回る恐れもあります。そのリスクも十分理解したうえで取引を開始ください。

買いだけでなく売りから注文できます

証拠金を担保にした取引の特長として、売りから注文することもできます。

将来値下がりすると予想する場合 例:トウモロコシ100tを売買するケース

取引には限月(期限)があります

商品先物取引は、株式取引や外為証拠金取引とは異なり、取引の対象商品を実際に受け渡しする期日が定められています(例えば半年後など)。これを「限月(げんげつ)」といいます。したがって一定の期限が来る前に、反対の売買をおこなって決済しなければいけません(倉荷証券等で現物取引することも可能ではあります。

さっそく、どの会社で取引を始めるか、各社のサービスを比較してみましょう!